toggle
2016-08-31

ロールスロイスのコンセプトカー103EX、これぞ高級車の未来形

2016年6月に行われた、BMWの100周年記念式典で、高級車の未来系として、同社傘下の高級車ブランド、ロールスロイスのコンセプトカー”103EX”が発表されました。

20年後から30年後には、高級車はこのようなデザインとなっているであろうという、ロールスロイスの提案になります。

車両の長さ5.9メートル、高さ1.2メートル。トヨタのハイエースバンが5メートル弱の長さですので、非常に大きいクルマです。ちょっとした船に乗った感覚だ。とこのコンセプトカーを実際に見た人は述べています。

BMWが将来の自動車の主力となると考えている電気自動車です。最高出力は250Kwです。

内装にはマカッサル産の高級木材とハンドメイドの絹が使われ、ソファも用意されています。

そして驚くべきことにハンドルがありません。

ロールスロイス103EXの内装
ロールスロイス103EXの内装

未来のクルマらしいところは、人工知能が、持ち主の声による指示で運転することです。ちなみにこの人工知能はエレノアさんという名前の女性だそうです。そのため、ハンドルがないのです。

エレノアは、多くの人工知能がそうであるように、どんどん学習していきます。持ち主の好みのルートやレストランまで覚えてつれていってくれたり、秘書のようにスケジュールの管理までやってくれます。

自動車会社の考える自動車の将来像は各社各様で面白いですね。

http://handi.tech/rolls-royce-vision-next-100-rolls-royce-103ex/

http://www.theverge.com/2016/6/16/11956484/rolls-royce-vision-100-concept-360-degree-video-tour

http://www.theverge.com/2016/6/16/11952304/rolls-royce-vision-100-concept-car-photos

関連記事