toggle
2016-09-16

大学生必見!スズキ「アルト」など50万で買える維持費の安い中古車5選 

大学生になると通学や遊びやデートなど、なにかと車が必要になってきますよね。特に、自宅から遠くの大学に通っている方の場合、車だと30分ほどで着いてしまうのに、電車だと2時間近くかかってしまうなんてこともあります。時は金なり。大学生活ですから、時間は効率良く使いたいですよね。また、就職先が外回りの営業職に決まったから、運転に慣れておきたい、せっかく免許を取ったから自分の車が欲しいという方もいらっしゃると思います。

大学生活にはなにかと車が必要
大学生活にはなにかと車が必要

しかし、大学生で車を購入する際に、一番の壁となってしまうのは、お金の問題です。車を買うお金がない、車の維持費が高い、といった悩みを持った方も多いと思います。そんな方にオススメしたいのが、中古車です。今回は、50万円以下で購入でき、なおかつ月2万5千円以内の維持費の車を紹介いたします。

維持費が安いのは、やっぱり軽自動車!

大学生が維持できる車として、現実的なのは軽自動車です。なぜなら、普通車と比較すると、税金が安いからです。大きく差が出るのは、自動車重量税です。軽自動車は、車重に関わらず年間3,300円ですが、普通車は0.5トンごとに4,100円の費用がかかります。仮に1.5トンを超える車だとすると、一年間に16,400円ほどの税金がかかってしまうのです。普通車との差は1,3100円です。

また、自動車税も軽自動車と普通車で大きく変わってきます。軽自動車の自動車税は1,0800円ですが、1リットル超~1.5リットル以下の普通車の場合は、34,500円の自動車税。普通車よりも一年間で、23700円も多く自動車税がかかってしまいます。その他にも自賠責保険は、軽自動車なら24ヶ月で26,370円、普通車は27,840円。ガソリン代などを抜いた税金だけでも、軽自動車の方が一年間で約43,000円もお得なのです。

スズキ「アルト」

スズキ「アルト」
スズキ「アルト」

まず紹介するのはスズキ「アルト」です。アルトの魅力はなんと言ってもその燃費です。2014年 に発表された8代目の燃費は、約37.0km/L。また、先代の7代目の派生モデルアルトラパンの燃費でも約35.0km/Lを記録するなど、普段の生活で使っても充分な燃費を誇っています。仮に月1000km走行したとして、リッターあたりの価格を120円、燃費を35km/Lとすると、月々のガソリン代は3,429円、1年間の燃費は41,148円です。

自動車税や自賠責保険料などを含めた車検の費用は約10万円前後。車検は2年に一回なので、年5万円の出費になります。任意保険は、21歳未満で対物賠償金額を無制限にすると年間で約20万円、21歳以上ですと約12万円と安くなります。これらの費用をまとめると、年間約21万1,148円~29万1,148円、月1万7,595円~2万4,262円の出費で収まります。

また、50万円で比較的新しい年式の中古車が手に入るのもアルトの魅力の一つです。アルトは2012年式のものでも50万円以下で手に入れることができます。また、現行モデルの8代目も50万円台で売りに出ていることもあるので、一度、中古車サイトや、中古車販売店で探してみてはいかがでしょうか?

50万円以下で買えるスズキ「アルト」はこちら

ホンダ「ライフ」

ホンダ「ライフ」
ホンダ「ライフ」

次に紹介するのは、ホンダ「ライフ」2014年に販売が終了しましたが、女性を中心に中古車として人気を誇っています。その理由は運転がしやすいからです。フロントガラスとサイドガラスが大きく、外が見やすいですし、バックビューモニターも標準装備されています。車の運転に自信がない方には、初めての車としてオススメです。

ライフの燃費は16~19.6km/L。仮に月1000km走行したとして、リッターあたりの価格を120円、燃費を19.6km/Lとすると、月々のガソリン代は6,315円、1年間の燃費は75,780円です。こちらの車検の費用も10万前後。任意保険は21歳未満で対物賠償金額を無制限にすると約14万499円、21歳以上ですと約10万円です。これらの費用をまとめると、年間で約225,780円~266,279円。月々で約18815円~22,189円の出費で収まります。

50万円以下で買えるのは2011年式。安くて走ればなんでもいいという方は2000年式のモデルも見てみてはいかがでしょうか?10万円台で手に入れることができますよ。

50万円以下で買えるホンダ「ライフ」はこちら

スズキ「ジムニー」

スズキ「ジムニー」
スズキ「ジムニー」

次に紹介するのは、スズキ「ジムニー」です。ジムニーは、スズキが誇るクロスカントリー車。軽自動車なのにも関わらず雪道や山道などの悪路でもモノともしない高い走破性を持っています。登山やスキーが趣味という方に、ぜひオススメしたい車です。50万円で売られているものの年式は、2003年式から2005年式。10年落ちの車になってしまいますので、購入前に車に異常がないか、中古車販売店に確かめる必要がありますが、そのSUVならではの存在感は、他の車にはないカッコ良さがあります。

2003年式のジムニーの燃費は14.8km/L~16.8km/Lです。仮に月1000km走行したとして、リッターあたりの価格を120円、燃費を16.8km/Lとすると、月々のガソリン代は7500円、1年間の燃費は9万円です。車検代はジムニーも10万円前後。任意保険は21歳未満で対物賠償金額を無制限にすると、こちらもライフと同じく約14万499円、21歳以上ですと約10万円と安くなります。これらの費用をまとめると、年間に約24万~約28万499円、月に約2万円~約2万3,375円に収まります。

もし、車の維持費を抑えつつ、他人とは違う車に乗りたいと考えているなら、ジムニーをオススメします。

50万円以下で買えるスズキ「ジムニー」はこちら

ダイハツ「タント」

ダイハツ「タント」
ダイハツ「タント」

次に紹介するのは、ダイハツ「タント」です。軽自動車なのに広々とした車内空間が特徴的で、車内長が2,160mm、車内幅が1,350mm、車内高が1,355mmも確保されています。車内が広いと移動中のストレスも少なくていいですよね。それでは、タントの維持費を見てみましょう。

50万円以内で買えるのはタント2代目に当たる2009年式のモデルです。2009年式の燃費は20.8~25km/L。仮に月1000km走行したとして、リッターあたりの価格を120円、燃費を25km/Lとすると、月々のガソリン代は4800円、1年間で57,600円になります。こちらも車検代は10万円前後です。任意保険は21歳未満で対物賠償金額を無制限にすると、こちらもライフ、ジムニーと同じく約14万499円、21歳以上ですと約10万円です。これらの費用をまとめると、年間に約20万7,600円~約24万8,099円、月に約17,300円~約20,674円に収まります。

もし、軽自動車に車内空間の広さを求めるなら、ダイハツ「タント」を検討してみてはいかがでしょうか?

50万円以下で買えるダイハツ「タント」はこちら

日産「モコ」

日産「モコ」
日産「モコ」

最後に紹介するのは、日産「モコ」です。モコの特徴はなんと言っても可愛らしい内装です。女性を強く意識して作られており、シートはチェック柄になっています。中古車でも、オシャレな車に乗りたいという方にオススメの車です。

日産「モコ」のインテリア
日産「モコ」のインテリア

50万円以下で入手できるのは、2011年式の2代目のモデルです。それでは、2011年式のモコの維持費を見ていきましょう。燃費は約25.5km/Lです。仮に月1000km走行したとして、リッターあたりの価格を120円、燃費を25.5km/Lとすると、月々のガソリン代は4800円、1年間で57,600円になります。また、こちらの車検代も10万前後。任意保険は21歳未満で対物賠償金額を無制限にすると、こちらもライフ、ジムニー、タントと同じく約14万499円、21歳以上ですと約10万円です。これらの費用をまとめると、年間に約20万7,600円~約24万8,099円、月に約17,300円~約20,674円に収まります。

維持費はバイハツ「タント」とほぼ変わりません。内装の可愛らしさで選ぶなら、モコをオススメいたします。

50万円以下で買える日産「モコ」はこちら

いかがでしょうか? 月々の維持費が2万5000円以下で車に乗れてしまうということがお分かりいただけたと思います。車を購入すると、いままで行かなかったところにも足を運ぶことができます。これを機に自分に合った自動車を選んでみてはいかがでしょうか?

関連記事