toggle
2016-07-05

洗練されたトヨタの高級ミニバン「アルファード」

2015年にモデルチェンジが施された3代目の「アルファード」販売価格は319~800万円台であり、中には1500万以上もする特別仕様もあります。

ミニバンの中でも高めの価格設定にも関わらず、同年の国内での新車乗用車販売台数は2014年のアルファードの1.7倍も上回る44,366台を記録し、いまやアルファードはべルファイヤと並ぶトヨタの顔とも言うべき存在へと進化を遂げました。今回はそんなアルファードの魅力に迫ります 。

アルファード
アルファード
出典 : autoc-one.jp

高級サルーンとしての風格を放つ先鋭的なエクステリア

アルファードの人気を支えているのは、エクステリアです。”アヴァン・グランド”というコンセプトでデザインされたアバンギャルドな外装は、他のミニバンにはない高級感と存在感があります。特に印象的なのは、フロントグリル。アルファードの初代や2代目と比較すると、丸みを帯びたデザインから直線的でシャープな車体に進化しており、より先鋭的デザインとなっていることがわかります。

先鋭的なデザインのフロントグリル
先鋭的なデザインのフロントグリル
出典 : response.jp

それに加え、車体を好みに合わせてカスタムできるのも大きな魅力のひとつです。オリジナルアクセサリーを付け加えた、「STYLING PACKAGE(スタイリングパッケージ)」では、サイドドアやバックドアにメッキ加工が施されており、より細部を印象的なデザインに変化させています。

LEDフロントガーニッシュ
LEDフロントガーニッシュ
出典 : toyota.jp
バックドアガーニッシュ(メッキ)
バックドアガーニッシュ(メッキ)
出典 : toyota.jp
サイドガーニッシュ(メッキ)
サイドガーニッシュ(メッキ)
出典 : toyota.jp

また、「TRD」のカスタムではレーシングカーのようなエアロパーツを取り付けることができ、フロントスポイラーやサイドスカート、6本出しマフラーなどを付ける事が出来ます。「モデリスタ」のカスタムでも同様にエアロパーツを付けることができます。この2つのカスタムは両方ともトヨタの子会社で提供しているので、純正パーツとして取り付けることができます。

TRD for NORMAL BODY
TRD for NORMAL BODY
6本出しマフラー
6本出しマフラー
モデリスタ
モデリスタ

豪華で快適なインテリア

インテリアの豪華さもアルファードの魅力の1つです。特筆するべきは、シートの素材です。最上級グレード「エグゼクティブラウンジ」の車内にはセミアニリン本革が使用されており、手触りや見た目の風合いが良く出ています。それに加え、オリーブ・アッシュバール木目調の塗装がインパネやアームレストに施されており、見た目がとても上品に演出されています。

オリーブ・アッシュバール木目調の塗装が施されたインパネ廻り
オリーブ・アッシュバール木目調の塗装が施されたインパネ廻り
セミアニリン本革のシート
セミアニリン本革のシート

また天井には、トヨタ初の試みである16色のLEDのイルミネーションが点灯します。このイルミネーションは色替え・調光のスイッチを切り替えることによって、自分の好きな配色にすることができます。

16色のLEDイルミネーション
16色のLEDイルミネーション

ゆったりと過ごすことのできる車内空間も魅力的です。特にロングスライドレールが採用されている助手席は最大1,160mmまで動かすことができ、セカンドシートも最大830mmまで動かすことができます。それに加えて運転転席、助手席、2列目はスイッチ操作でシートポジションを自在に調整することもできます。

オットマンもスイッチで調節することができ、自分の一番リラックスするできる体勢で、足を伸ばしてゆったりとくつろげるようになっています。

VIPご用達のロイヤルラウンジ

アルファードには1500万円以上もするロイヤルラウンジという特別仕様車があります。他社の高級セダンに対抗して作られており、ミニバンならではの広々とした車内を最大限に生かしています。

この仕様の特徴は、プライベートな時間を誰にも邪魔されることなく過ごすことができるということです。後部座席は2席しかなく、ゆったりとした車内空間を贅沢に使うことができます。また、ロイヤルラウンジSPという仕様では、運転席と後部座席が仕切られており、自分だけの時間を過ごすことができます。

ゆったりとした2席の後部座席
ゆったりとした2席の後部座席

車内の装備も豪華です。座席はマッサージチェアになっており、冷蔵庫も完備されているのでリムジンに乗っているかのような感覚を味わうことができます。まさにVIPご用達といえる車になっています。

マッサージチェア
マッサージチェア
冷蔵庫も完備
冷蔵庫も完備

高級ミニバンエルグランドとの違い

操作性のエルグランド、豪華さならアルファード

では、ここでアルファードとライバルと呼ばれる日産エルグランドを比較してみましょう。まずエクステリアを比較すると、アルファードの全長は4,885mm×全幅1,840mm×全高1,895mm、エルグランドが全長4,915mm×全幅1,850mm×全高1,815mmであり、アルファードの方がやや車体のサイズが大きくなっています。

また、アルファードの方が車高が高いので、運転席の目線が高くなっています。そのため前方の視野は広くなっていますが、その反面、乗り降りのしやすさでは車高の低いエルグランドの方が上回っています。

次にインテリアを比較してみましょう。アルファードとエルグランドの全長と全幅はほぼ同じなのですが、エルグランドの車内高は1,300mm、アルファードは1,360mmで、車内の高さはアルファードの方がやや高くなっています。車内長もアルファードが3,160mm、エルグランドが3,025mmで、アルファードの方が広くゆったりとしています。

ここまで見るとアルファードの方がよい車のように見えますが、エルグランドにも良さはあります。エルグランドはミニバンよりもセダンに寄せて作られた車なのでやや車体が小さくなっているのです。その分ハンドルの操作性が高く、動きが機敏になっています。

広々とした車内空間と、高級感のあるミニバンをお探しなら、ぜひアルファードに乗ってみてはいかががでしょうか?

アルファードの中古車 
関連記事

    関連記事はありません