toggle
2016-07-05

ホントに軽自動車?広いゆとりの空間!タントカスタムは子育てママの強い味方

タントカスタムは、非常に実用性にすぐれた、特に小さな子供のいる若いファミリー層に広く支持されている軽自動車です。

このクルマが人気となっている理由は、子育てや買い物で忙しいママ目線でつくられた工夫と細かい気遣いが感じられる装備、そして高い安全性です。

若いママの強い味方。タントカスタムの魅力についてご紹介していきましょう。

限界まで広げた室内空間 を際立たせるミラクルオープンドア

タントカスタムの室内長さは室内長さ2200mm,幅1350mm、そして天井の高さは1365mmとなっています。軽自動車とは思えないほどの広い室内空間です。

そして、この広い室内空間を際立たせているのが、タントカスタムの最大の特徴といえる「ミラクルオープンドア」です。

このドアは前後のドアにピラーを内臓することで,助手席側開口幅1490mmという大開口を実現しました。

入口が大きく開きますので、大きな荷物の出し入れや乗り降りもスムーズにでき、さらに後部座席部分は両側ともスライドドアですので、駐車場や壁際といった狭いところでも、ドアをぶつけて傷つけるという心配から解放されます。

また、ミラクルオープンドアは、ワンタッチで開閉するパワースライドドアとなっており、自動で全閉し挟み込みにも対応するイージークローザーや、施錠解錠もスイッチひとつでできるキーフリーシステムを備えています。

買い物の荷物や子供で両手がふさがりがちな、ママにやさしい機能が満載となっているドアです。

ミラクルオープンドアだけではなく、タントカスタムには室内も快適に過ごせるような工夫が施されています。

日焼けは美容の大敵ですが、運転席のガラスは陽射しを気にせず運転できるスーパーUV&IRカットガラスとなっていますし、車内には花粉やPM2.5も気にせず運転できる、空気清浄機のスーパークリーンエアフィルターが備わっています。

また、室内の収納も豊富で、つい買い物しすぎてしまった。ということがあっても大丈夫です。

先進予防安全装備「スマートアシストⅡ」で、最高ランクの安全性

スマートアシストⅡ
スマートアシストⅡ

タントカスタムは、国土交通省と自動車事故対策機構による予防安全性能評価試験で、最高ランクの評価であるASV+を獲得しています。

これはダイハツが開発した衝突回避軽減システムである「スマートアシストⅡ」(略称:スマアシⅡ)が評価されたためで、トヨタやスバルの自動車にもOEMを受けてこのシステムが搭載されている車種があります。

その機能には、衝突回避支援ブレーキ、 衝突警報(対車両・対歩行者)、車線逸脱警報などがあります。

スマートアシストⅡの中心的な機能である衝突回避支援ブレーキは、先行車との接触の危険性が高まった場合に緊急ブレーキをかけ、衝突回避や被害軽減を支援する機能です。

また、衝突警報は走行中に前方の車両や歩行者を認識し、衝突の危険性がある場合にブザーやメーター内の表示で通知する機能で、車線逸脱警報は運転中に車線から逸脱しそうになると、運転手に警報を出します。

スマートアシストⅡの他にも、突然の横滑り時に安定性を確保するVSC&TRC、急ブレーキ時のタイヤロックを防ぐABS、そしてエマージェンシーストップシグナルも実装しています。

もちろん、万一の事故のときの備えとして、運転席とサイドにはSRSエアバッグが標準で装備されています。

タントカスタムは、国土交通省と自動車事故対策機構による予防安全性能評価試験で、最高ランクの評価であるASV+を獲得しています。

これはダイハツが開発した衝突回避軽減システムである「スマートアシストⅡ」(略称:スマアシⅡ)が評価されたためで、トヨタやスバルの自動車にもOEMを受けてこのシステムが搭載されている車種があります。

その機能には、衝突回避支援ブレーキ、 衝突警報(対車両・対歩行者)、車線逸脱警報などがあります。

スマートアシストⅡの中心的な機能である衝突回避支援ブレーキは、先行車との接触の危険性が高まった場合に緊急ブレーキをかけ、衝突回避や被害軽減を支援する機能です。

また、衝突警報は走行中に前方の車両や歩行者を認識し、衝突の危険性がある場合にブザーやメーター内の表示で通知する機能で、車線逸脱警報は運転中に車線から逸脱しそうになると、運転手に警報を出します。

スマートアシストⅡの他にも、突然の横滑り時に安定性を確保するVSC&TRC、急ブレーキ時のタイヤロックを防ぐABS、そしてエマージェンシーストップシグナルも実装しています。

もちろん、万一の事故のときの備えとして、運転席とサイドにはSRSエアバッグが標準で装備されています。

タントカスタムの燃費と走行性能

タントカスタムは、右左折時に視界が広くとれる三角窓、バック駐車時にクルマの後ろが見えるリヤアンダーミラーを備え、運転を簡単にする細かい工夫が施されています。

走行性能としては、最高出力が38Kw,最大トルクは60Nmで、軽自動車としては標準的な走行性能です。

そして小回りのよさを示す最小回転半径は4.4mで、これも軽自動車としては普通の水準です。

子供に何かとお金がかかる世帯としては気になるのが燃費ですが、タントカスタムの燃費は28km/l(JCO8)、さらにエコカー減税の対象車となっています。

まとめ

小さいお子さんのいるファミリーにぴったり
小さいお子さんのいるファミリーにぴったり

ここまでご紹介してきましたように、タントカスタムの魅力は、育児や買い物で忙しいママドライバーのために細かいところまで作りこまれた機能、運転のしやすさと燃費がかからない経済性、そして最先進の安全性を備えたところにあります。

お子様のいるご家庭向けに、最初におすすめできる軽自動車です。

タントカスタムの中古車 
関連記事

    関連記事はありません