toggle
2016-10-07

3Dプリンターで表面がカスタマイズ可能!ホンダがEVのコンセプトカーを発表

通信機器とエレクトロニクスの展示会、"CEATEC JAPAN2016"が幕張メッセで10月4日から開催されています。

名だたる企業がその技術を生かした製品を発表していますが、ホンダは電気自動車のコンセプトカーを発表しています。

先日開催されたパリモーターショーではヨーロッパの自動車メーカーを中心として電気自動車が数多く発表されましたが、他の自動車メーカーが電気自動車の走行性能や航続距離を競う中、ホンダのEVはそれとは一線を画すユニークなクルマとなっています。

ホンダのEVコンセプトカー
ホンダのEVコンセプトカー

ホンダの発表したEVのコンセプトカーは、骨格部分はオートバイのようにパイプベースの構造となっており、表面部分を3Dプリンターで作ったパネルでカスタマイズできるというものとなっています。

この構造技術とデザインは、ホンダの自動車部門ではなく、オートバイ部門で考案されたものとのことです。

パイプベースの骨格は非常に軽く、かつ頑丈な構造となっています。

クルマの表面部分のパネルは、3Dプリンターで制作しますので、デザインやパネルの製造にかかるコストは小さくなり、そしてかかる時間も大幅に短縮されます。

従来の技術なら金型から作らなければなりませんが、図面と樹脂材料さえあれば、3Dプリンターでカスタマイズ用のパネルは誰でも作れるからです。

同じ技術は今年、ダイハツが発表していますが、ホンダの電気自動車の場合は電気自動車、そして骨格にバイクのパイプ構造を使っているのがユニークなところですね。

出典:https://www.engadget.com/2016/10/05/honda-3d-printed-customizable-ev/#/

関連記事