toggle
2016-10-20

海外で売れるかな?カバンに入れて持ち運びできる電気自動車

どこにでも持ち運ぶことができ、いつでも取り出して乗ることができる。そんな夢のような車が登場しました。その名も「WALKCAR」こちらは日本のスタートアップである「COCOA MOTORS」より発表され、日本時間の2016年10月21日13時から同社のホームページにて先行予約が開始されます。

どこにでも持ち運ぶことができ、いつでも取り出して乗ることができる「WALKCAR」
どこにでも持ち運ぶことができ、いつでも取り出して乗ることができる「WALKCAR」

こちらは、セグウェイのように立って乗るタイプの電気自動車。「WALKCAR」の一番の特長は、コンパクトだということです。13インチのノートパソコンほどのサイズで、重さは約2.8kg。これぐらいのサイズと重さならば、カバンに入れて持ち運ぶことも可能ですよね。走行性能は、最高時速は16km/hで、約1時間の走行が可能。充電時間は明らかにされていませんが、2015年の時点では約3時間と発表されていました。

コンパクトさは、運転のしやすさにも繋がっています。スケートボードのような感覚で乗りこなすことができるので、方向転換も簡単。止まりたいときにはボードから降りるだけでいいので、止まるのも簡単です。またコンパクトなだけでなく十分なパワーも持っており、坂道もぐんぐん登っていきます。

価格は12万8000円。まだまだ走行可能の時間が短いなどの欠点はあるものの、自動車を持ち運ぶことができるという画期的なアイディアに、日本だけではなく海外からも注目が集まっています。こちらは2017年9月より、世界13カ国に向けて順次発送される予定です。

海外の反応

・マジ!? マジ!? マジ!?

・今すぐ欲しい!

・私は74歳。1マイルを15分ほどのペースで歩きます。でも、もっと早く歩きたいと思っているから、「WALKCAR」が新しい足となってくれるといいな。

・これめっちゃ好き、素晴らしいわ。これどうやったら手に入るの?

・あんまりいいとは思わないわ。股関節を痛めてしまいそうだし..

公道で走ることはできるの?

日本の法律では、おそらく公道で走ることできないでしょう。
こちらに運転免許が必要かどうかは不明です。

ちなみにセグウェイの場合は、公道での走行は可能ですが、そのためには3つの条件があります。

1.誘導員がいること
セグウェイに乗るためには、他の歩行者などに危害を加わらないよう、一人以上の誘導員が必要です。

2.道路の使用許可を取っていること
警察署で道路幅が3メートル以上の歩道の使用許可を取る必要があります。

3.免許を持っていること
セグウェイは、トラクターなどの小型特殊自動車か、原動機付き自動車として国交省に認定されているため、運転する際には免許が必要です。

まだまだ誰でも手軽に乗れるというわけではありませんが、車を持つ上で必要となる駐車スペースがいらないというのは、大きなメリットですよね。
若者の車離れが進んでいると言われてる現在ですが、このような車なら若者の間で普及していくのではないでしょうか?

出典:http://www.designboom.com/technology/cocoa-motors-walkcar-personal-vehicle-08-10-2015/
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3189592/Japanese-inventor-reveals-tiny-electric-transporter-small-fit-backpack.html

関連記事