toggle
2016-10-23

アップルはクルマ作るのあきらめた?`”iCar”に関する最新うわさまとめ

つい先日iPhone7を発売したアップル。スマートフォンやPC、ITサービスの会社として圧倒的な存在ですが、実はクルマの開発をしている。というのは公式に発表はされていないものの、ほぼ公然の秘密となっています。

アップルのクルマ開発プロジェクトは、「プロジェクトタイタン」という名前がすでにアメリカのメディアでも報道されており、アップルは自動車業界の経験者を多くあつめて、このプロジェクトを進めていると報道されてきました。開発しているのは電気自動車で、かつ自動運転車と言われています。

海外メディアに伝わる、アップルが開発をすすめているクルマのコンセプトカーとされる映像

ところが最近、アップルはプロジェクトチームのメンバーを一部解雇したようだという報道がありました。
出典:https://www.bloomberg.com/news/articles/2016-10-17/how-apple-scaled-back-its-titanic-plan-to-take-on-detroit

アップルは、自動車の開発をあきらめたのでしょうか。

もちろん、アップルからの公式発表ではないのですが、この報道によると、アップルは自動車開発プロジェクトを再定義して、それにあわせてプロジェクトチームを再編成した模様。とのことです。

これまですすめられてきたプロジェクトでは、アップルが自社で自動車を開発する予定だった模様ですが、プロジェクトの再定義後は、自社で開発するか、あるいは他のメーカーに自動運転のシステムの提供にとどまるかを検討し、アップルにとって望ましい方向でプロジェクトを進める。というように方向を転換したようです。

こうしてみると、若干、アップルの自動車開発計画は後退したように受け取れますが、完全に撤退したようではないようですね。

それでは、アップルが作るであろう自動車"iCar"についての最新のうわさをご紹介します。(2016/10/17時点)
出典:http://www.macworld.co.uk/news/apple/icar-release-date-rumours-evidence-concept-images-project-titan-apple-car-autonomous-driving-3425394/#icarcancelled

アップルはマクラーレンに買収を提案しているといううわさ

マクラーレン MP4-12C
マクラーレン MP4-12C

アップルは、iCarプロジェクトを進展させるために、スーパーカーを生産するマクラーレンと買収交渉をしている。とイギリスの経済新聞フィナンシャルタイムズが報じています。

マクラーレンのスタイリッシュなデザインはアップルのイメージにあいますね。マクラーレンは、人気車種P1の後継車種は電気自動車になるだろうとも言われており、アップルが開発していると言われている電気自動車の方向性ともあいます。

アップルはBMWとも交渉しているといううわさ

ロイターはじめ、いくつかのメディアが、アップルのティムクックCEOはじめ幹部たちは、ドイツ、ライプチヒにあるBMWの工場をたびたび訪問し、会合を重ねていると報道しています。

特に、アップルの幹部たちは、BMWの電気自動車i3に関心を示しているようだ。という報道まであります。BMW i3は、炭素繊維で強化されたボディを持ち、アメリカで現在走っているクルマでは最もエネルギー効率が高いクルマだからです。

BMW i3
BMW i3

そのため、BMW i3はアップルから発売されるクルマの原型モデルになるのではないかとも指摘されています。

アップルとBMWは、2014年秋から交渉をはじめており、交渉の最終局面は近づいているとも噂されています。

アップルとBMWとの関係は、BMWは最初にiPodを搭載する仕組みを採用したという関係ですので、車ではなく、アップルの車載システム、CarPlayに関する交渉かもしれない。という報道もあります。

アップルの研究開発費から推測できること

アップルの現在の研究開発費は、年間100億ドル(約1兆400億円)です。

4年前は30億ドルでしたので、明らかにiPhoneやiPadのような電子機器よりも高額な製品を開発していると推測できます。

アップルのクルマのバッテリーはどこ製❓

アップル専門に調査している調査会社、 Above Avalonによると、アップルは今年、韓国のバッテリー製造会社と契約したとコメントしています。

電気自動車の心臓ともいえるバッテリーは、韓国メーカーのもののようですね。

アップルのiCarの販売開始時期は❓

アメリカの自動車サイトAutocarによると、アップルがiCarを売り出す時期はいろいろうわさがあるもののは2021年からになるだろうと予測しています。そして、2026年には、完全自動運転車を販売しているだろうとのことです。

また、アップルは年間50万台販売する計画なのだそうです。競合となるテスラモーターズの電気自動車が年間5万台程度ですから、約10倍の販売台数となります。アップルのブランドがあるとはいえ、強気な計画ですね。

アップルのiCarが販売されたらその値段は❓

アメリカの証券会社の技術担当アナリストは、アップルからクルマが発売されたら、ライバル車となるテスラモーターズの値段を意識したものとなるだろう。と指摘しています。

そして、おそらくエントリーモデルは、5万5千ドルくらいからになるのではないか。と予測しています。

本当にアップルはクルマを開発しているの❓

アップルが自動車を開発しているのかということについて、公式の発表はもちろんありませんし、これまでご紹介してきたことは海外メディアが報じてきたうわさにすぎません。

アップルはクルマなど作っていないのではないか。ということも、もちろんささやかれているようです。

アップルがクルマの開発をしているのかどうか、インタビューで尋ねられたアップルCEOのティムクック氏のコメントを最後にご紹介します。

アップルCEO ティムクック氏
アップルCEO ティムクック氏
出典 : oresamax.com

"Do you remember when you were a kid, and Christmas Eve... it was so exciting," "You weren't sure what was going to be downstairs. Well, it's going to be Christmas Eve for a while."

「子供の時のクリスマスイブのことを覚えているかい?とても興奮したよね。プレゼントの置いてある下の部屋には、何が置いてあるんだろうって。今は(アップルカーを期待する皆さんにとって)クリスマスイブだ。しばらく続くよ。」

実に意味深なコメントですね。

関連記事