toggle
2016-07-08

スタイリッシュな箱型ボディは「クルマ型ミュージックプレーヤー」 トヨタbB

トヨタbBの発売が開始されたのは2005年。bBという名前の由来はblack Boxです。

若いカップル向けに作られ、音楽を楽しむための室内空間を第一に追及して開発されました。

その開発コンセプトから、CMでも音楽が効果的に使用され、米米クラブや布袋寅泰といったアーティストとのコラボして作られた曲がテーマ曲に起用されました。

11個のスピーカーとイルミネーションで音楽を楽しむ

bBはさながら走るオーディオルームで、対応しているメディアはCD,AM/FMラジオ、DVD、MDです。さらに2000曲記録できるHDDナビゲーションシステムがあり、CDを聞きながら録音し、次回からはCDなしで音楽を楽しむことができます。

多くのスピーカーを車内に装備していることが特徴のクルマですが、中でも売れ筋グレード「煌(きらめき)」には11のスピーカーが装備されています。

装備されているスピーカーは、次の通りです。

・リヤダクトスピーカー(左右2か所)

・フロントピラーツィーター(左右2か所)

・インパネツィーター(左右2か所)

・リヤドアスピーカー(左右2か所)

・フロンドドアスピーカー(左右2か所)

・パワードサブウーハー

bBは、低温専用のスピーカーのウーハーまで備えており、重低音から高温まで楽しめる環境となっていますが、それだけではなく、インパネツィーターとフロントドアスピーカー、そしてパワードサブウーバーにはリング状の照明があり、音楽にあわせて点滅するイルミネーションが楽しめます。

音楽環境は4種類の、イルミネーション環境は3種類のモードがそれぞれ用意されており、操作が簡単なアームレストのコントローラーでモードを切り替えられるようになっています。

出典:音楽環境の4モードとは、迫力の重低音を楽しめるPOWER-BEATモード、リヤスピーカーの音圧をアップするREAR-BOOSTモード、会話の邪魔にならない程度の音楽環境のBGMモード、そして通常のNATURALモードです。

また、イルミネーションの3モードとは、音楽に合わせて照明の点滅が変わるCLUBモード、光のゆらぎがここちよいRELAXモード、そして照明が常灯するSTATICモードです。

まったりと彼女とくつろげる車内空間と箱型エクステリア

bBのもうひとつのセールスポイントは、二人でくつろげる空間です。「まったりモード」では、シート座面を80mmスライドダウンさせるとカウチソファのように座れ、二人でまったりとできます。

車内を快適にする装備もしっかりと実装されています。窓ガラスは赤外線や紫外線を防ぐスーパーUVカット、IRカットとなっており、日焼けが気になる女性も安心ですし、チリやほこりの侵入を防ぐクリーンエアフィルター、そしてエアコンは花粉除去モードつきのオートエアコンです。

そしてbBが一目でそれとわかるのが箱型のエクステリアです。これは特徴的なスタイリングというだけでなく、車両感覚をつかみやすくもしています。なお、カラーは白、黒、メタリック、ピンクなどから選べます。

bBのスタイリング
bBのスタイリング

bBのエンジンと走行性能・燃費、安全装備

bBの最高出力は68Kw、トルクは123Nmで、燃費は15km/lとなっています。

主にシティユースで使われるコンパクトカーとしては、一般的な走行性能、そして燃費性能と言えるでしょう。

安全装備としては、滑りやすい路面でも車両安定性を確保するVSC,TRC、急ブレーキ時のタイヤロックを防ぐABSを備え、そして、SRSエアバッグを実装しています。

まとめ

「音・光・まったり」をコンセプトに開発されたbBは、普段使いでももちろんOKですが、デートのときにもっともその真価を発揮するクルマといえるでしょう。

クルマに乗っているときも音楽を心から楽しみたいという方にも「クルマ型ミュージックプレーヤー」のニックネームに負けない音楽環境で、思う存分、音楽を楽しめる一台です。

bBの中古車 
関連記事

    関連記事はありません