toggle
2016-11-30

ジャガー、初の電気自動車、SUV「I-PACE」を発表

日本にもファンが多い、イギリスのブランド、ジャガーが、初の電気自動車としてI-PACEを発表しました。最近各国で人気となっているSUVです。

従来のジャガーのデザインから大胆に変わったクルマとなっています。

I-PACEは、力強く、スポーティーでそれでいて使いやすいというジャガーの車作りの哲学は引き継ぎつつ、ジャガーの売れ筋SUV、F-PACEのデザインを単純に踏襲したものではないクルマとなっています。

ジャガーの後輪駆動車FタイプRと同等の走行性能をもちつつ、それでいて電気自動車のメリットを活かして、ゆったりとした車内空間となっています。

I-PACE 外観
I-PACE 外観
出典 : newatlas.com

早ければ2017年末にもI-PACEは販売予定となっており、ジャガー自身は明らかにしていないものの、業界関係者は現地価格で5万5000ポンド(約740万円)から6万ポンド(約810万円)ではないか。と予測しています。

パリモーターショーで、欧米自動車メーカーから電気自動車が発表されました。テスラのモデルX、アウディのe-tron,そしてメルセデスからジェネレーションEQが発表されていますが、ジャガーのI-PACEはこれらに続くものになります。

ジャガーI-PACEの走行性能

I-PACEのプラットフォーム
I-PACEのプラットフォーム

他のジャガー車と同様にアルミニウムがメインに使われているものの、ジャガーのI-PACEは従来のプラットフォームとは異なる、電気自動車専用のプラットフォームを新たに設計したものとなっています。

ご覧のようにトランスミッションがありません。

I-PACEの動力源は永久磁石を用いた2つのモーターとなっています。これのおかげで4輪駆動を実現し、停止状態からの発進もスムーズなものとなっています。

I-PACEの馬力(bhp)は395bhp、停止状態から時速60マイル(約96km/h)の速度に達するまでかかる時間は4秒となっており、これはポルシェ911よりも早いです。

電気自動車はギアシフトのような動作がなく、トルクもガソリンエンジン車のものより優れているので、新しい走りの経験ができるとI-PACEの開発担当者はコメントしています。

電気自動車の弱点である航続距離(1回フルに充電した場合の走行可能距離)は約310マイル(約500km)です。かなり長い航続距離と言えます。

バッテリーは、50kwの電源で充電すると、90分で80%まで充電でき、2時間程度で100%の充電が可能となっています。

動力源であるモーターはジャガーが開発したもので、効率性の高い永久磁石が使われています。

ジャガーI-PACEのインテリア

I-PACE
I-PACE

ジャガーI-PACEの車体サイズは中型SUVと同等のサイズですが、電気自動車であるため、後部座席の空間は大型SUVに匹敵する広さで、ゆったりと座れると開発担当者はコメントしています。

ゆったりとした後部座席
ゆったりとした後部座席

それは動力源がガソリン車のエンジンに比べてコンパクトなモーターだからです。

座席は5人乗りとなっています。

I-PACEの運転席
I-PACEの運転席

運転席は、自動車というより飛行機のコックピットをイメージさせるものです。

タッチパネルが多用されており、スマートフォンのように操作は直感的に行えるように工夫されています。

ギヤボックスがなくストレージになっている。
ギヤボックスがなくストレージになっている。

電気自動車ですので、トランスミッションがなく、従来のクルマのようなギヤボックスがありません。ギヤボックスの場所は8リットルの容量の保管場所となっています。

ヨーロッパを代表する自動車ブランドから続々と電気自動車が発表され、ジャガーで出そろった感はありますね。

日本勢はヨーロッパ市場向けに電気自動車の新車は発表しないのでしょうか❓発表が待たれるところです。

関連記事