toggle
2016-08-01

優れた燃費と居住性、高い安全性能!トヨタのコンパクトカー売れ筋No1、ヴィッツ

日本は道路が狭いことやユーザーの節約志向の高さから、軽自動車もふくめ、燃費のよい小さな車体のクルマが人気のある市場で、中でもコンパクトカーは激戦市場となっています。

そのコンパクトカーカテゴリで、トヨタの売れ筋ナンバーワンとなっているのがヴィッツです。日本だけでなく海外でも欧州を中心に人気車種となっており。海外では「ヤリス」という名前で販売されているトヨタの世界戦略車です。

国内外で幅広い支持のあるヴィッツについてご紹介していきたいと思います。

17色から選べる外装とたっぷりの容量、調整可能な荷室の高さ

17色から選べます
17色から選べます

ヴィッツは17色という非常に多くの色から好きな色が選べます。用意されているボディカラーには白や黒といったオーソドックスな色から、オレンジや紫、深緑のような珍しい色まであります。

性別や年代を問わず幅広いユーザーがいるコンパクトカーとして、顧客に選択肢を提供していると言えるでしょう。

室内空間の実寸は全長3885mm、幅1695mm、高さ1500mmというコンパクトカーとして標準的なサイズですが、車内空間を有効に利用できるように、荷室のデッキボードは、荷物の高さに応じて高さの調節が可能なアジャスタブルデッキボードとなっています。

アジャスタブルデッキボード
アジャスタブルデッキボード

また、肌や髪にやさしい弱酸性のナノイーが自動的に放出されたり、室内の温度を快適に保つオートエアコンといった、ヴィッツには室内空間を快適にする装備が実装されており、運転者だけでなく、乗っている人のすべてが快適なドライブを楽しむことができます。

低燃費とスムーズな走行性能を実現したエンジン

ヴィッツのエンジン
ヴィッツのエンジン

ヴィッツが搭載している1.3リッターガソリンエンジンは、最高出力が73kw、最大トルクが121rpm(いずれも2WD)という走行性能です。このエンジンの特徴は、その燃費性能にあり、25km/lとなっています。これはトヨタがハイブリッドカーで培ってきたアトキンソンサイクルやクールドEGRといった技術が熱効率を高めることで実現しました。

ヴィッツには2WDモデルと4WDモデルとがありますが、4WDにはアクティブトルクコントロール4WDという機能が実装されており、通常走行と4輪駆動を走行状況に応じて自動的に切り替え、最適な走行方式を電子的に選択する仕組みです。

走行時だけでなく、細心の配慮がもとめられる駐車のときにも、自動で格納するドアミラー、三段階で開くフロントドアといった、駐車を楽にする機能が装備されています。

安全技術 TOYOTA SAFETY SENSE C

プリクラッシュセーフティシステム
プリクラッシュセーフティシステム

ヴィッツには先進的な衝突回避支援パッケージ” TOYOTA SAFETY SENSE C”が搭載されています。これは、近距離を検知するレーザーレーダーと遠方まで検知できる単眼カメラの2種類のセンサーを併用して先行車や歩行者を検知し、衝突を回避するパッケージシステムです。

TOYOTA SAFETY SENSE Cには主に3つの仕組みで構成されています。

1つ目は、衝突の回避や衝突時の被害軽減のためのプリクラッシュセーフティシステムです。レーザーレーダーと単眼カメラで衝突しそうな対象を認知し、衝突の危険がある場合には、運転者に警告したり、ブレーキアシストをしたりします。

2つ目は、車線逸脱による事故を未然に防ぐためのレーンディパーチャーアラートです。センサーで車線を検知し、運転者がウインカーなしで車線を越えようとした場合に警報で知らせる仕組みです。

そして3つ目が、ハイビームとロービームが自動で切り替えられることで夜間の歩行者の早期発見を支援するオートマチックハイビームです。

これらの機能により、ヴィッツは国土交通省が実施する安全性能評価において、最高ランクの安全性と評価されています。
その他にも、横滑りを防いで車両の安定性を確保するVSCやタイヤロックを防ぐABS、急ブレーキをかけたときに後続車に注意を促して追突事故を防ぐ緊急ブレーキシグナルを実装しています。

まとめ

小型車は、軽自動車や輸入車も含めて購入時に検討するユーザーが多いカテゴリーで、自動車会社は燃費性能をはじめとして厳しい競争をしている市場です。

多くの競合車がいるなかで、ヴィッツの評価が高い理由は、150万円前後という価格帯の車としては先進的な安全機能が装備されていることと、すぐれた居住性、そしてハイブリッド車で蓄積された技術を応用してすぐれた燃費を実現したことがあげられるでしょう。

小型車を探しているという方には、選択肢からはずせないクルマと言えるでしょう。

ヴィッツの中古車 
関連記事

    関連記事はありません