toggle
2016-11-26

日本でも定着するかブラックフライデーの大規模セール。自動車は安く買えるの❓

クリスマスは当たり前のように日本の季節イベントとして定着していますが、もちろん、もともと日本由来のイベントではなく、欧米の習慣でした。

他には、欧米諸国由来のイベントであるハロウィンも定着してきていますが、ひと昔前は今ほど盛り上がってはいなかったような記憶があります。

こうした季節イベントが増えるのは参加する側にとっては楽しいのですが、小売業者などがセールの機会を増やしているという一面があります。

日本でも定着するか❓
日本でも定着するか❓

そして、クリスマスやバレンタインデー、ハロウィンにつづき、また欧米由来のイベントが加わろうとしています。ブラックフライデーです。

11月の第4木曜日は、アメリカの祝日であるサンクスギビングデー(感謝祭)で、その翌日の金曜日で休みになることが多く、多くの人が買い物をすることから、自然発生的にアメリカの小売業者がセールを多く行うようになりました。

デパートやスーパーのような小売店が黒字になる(ブラックになる)ことからブラックフライデーと言われるようになったのです。実質的にクリスマス商戦がスタートする日と言われています。

日本でもこれにあやかってセールをしていた小売店やネットショップが少し前からありましたが、今年からイオンがブラックフライデーのセールを開始すると話題になっています。

イオンでは全国の500店で3日間のブラックフライデーセールを行い、1000円のTシャツが100円だったり、衣料品店では定価1万円のセーターを100円で限定販売していたりしているとのことです。

イオンだけでなく、ユニクロなどでもブラックフライデーセールは開催していますし、ネットショップでもセールを行っているところは多いようです。

こうしたセールの機会が増えると、安く買い物ができる機会が増えてうれしいですね。

それでは、自動車関係でブラックフライデーのセールはやっていないのか。というと、まだ、ブラックフライデーセールを本格的に導入しているところは聞いていませんが、本場、アメリカでは、新車販売でも中古車販売でも、ブラックフライデーのセールは行われています。

アメリカのホンダ・ディーラーのブラックフライデーCM

ブラックフライデーのときは、自動車メーカーも多くの販売奨励金をディーラーに出し、車種によっては1万ドル(約110万円)も割引があるクルマもあるようです。

例えば、レクサスLS460Lは、アメリカでの通常時の希望小売価格は79795ドルですが、今年のブラックフライデーでは、平均価格で74653ドルになっています。

レクサス LS460
レクサス LS460
レクサスLS460 のセール価格
レクサスLS460 のセール価格

ブラックフライデーは、いくつかあるアメリカの祝日に行われる自動車のセールの中でももっとも割引率が高くなっており、平均で33%の割引率になっているとのことです。

多くの小売店がセールを行って消費意欲を高めているのに便乗しているというわけですね。

日本でも、ブラックフライデーが季節イベントとして定着すれば、スーパーやショッピングモールから、新車や中古車販売店にも広がっていくかもしれませんね。

しかし、わざわざブラックフライデーのセールと銘打たなくても、中古車については、もともとこの時期は中古車価格の相場は安くなる時期です。

ボーナスで新車を買おうという人が多くて中古車を買おうという人は少ないこと、年が明けると自動的に年式が低くなるので、そうなる前に売ってしまおうという人が増えるからですね。

そういうわけですので、中古車を買いたい人はこの時期はおススメの時期です。

気になるクルマがあったら、ぜひ、車選び.comで探してみてください。思わぬ値段で販売されているかもしれないですよ。

出典:http://www.freep.com/story/money/cars/2016/11/22/whats-best-day-buy-used-car-black-friday-says-iseecars/94037522/

関連記事