toggle
2016-12-15

自動車の歴史130年。人類初の自動車から自動運転車まで、時代を象徴するクルマたち。

自動車の歴史はいつから始まったか。というのは諸説あるのではっきりしませんが、最初のベンツが作られたのが1886年です。

そこから始まったとすると、2016年の今年は自動車の歴史が始まって130周年にあたります。

そこで今回は、時代を象徴するクルマたちで、自動車の歴史を振り返ってみたいと思います。

1886年製ベンツ

1886年製ベンツ
1886年製ベンツ

1886年、自動車についての最初の特許をしたのが、ドイツ人技術者のカール・ベンツ。メルセデス・ベンツの生みの親です。

カール・ベンツが特許を取得した自動車が、この1886年製のベンツです。はじめてガソリンエンジンを備えたクルマで、速度は時速10マイル(16キロメートル)で走行し、エンジンは1気筒4ストロークでした。

この自動車を作った後、カールベンツは同じく自動車をつくっていたダイムラーの会社と合併して、ダイムラー・ベンツ社を作り、現在のダイムラー社となっていきます。

1908年製 T型フォード

1908年製 T型フォード
1908年製 T型フォード

アメリカのヘンリー・フォードは、これまで1台1台手作りだった自動車を、工場での大量生産をすることに成功しました。

ヘンリー・フォードは現在のフォード社の創業者です。このT型フォードは、のちにフォルクスワーゲンビートルが登場するまで、歴史上もっとも売れたクルマとなりました。

1934年製 シトロエン・トラクション・アヴァント

1934年製 シトロエン・トラクション・アヴァント
1934年製 シトロエン・トラクション・アヴァント

はじめて、前輪駆動、独立したサスペンションを導入したのが1934年製のシトロエン・トラクション・アヴァントです。

モノコック構造を採用したのも、このクルマが初めてでした。

1949年製 フォルクスワーゲンビートル

フォルクスワーゲン・ビートル
フォルクスワーゲン・ビートル

最初のモデルから40年間も当初のデザインを変更しなかったのが、フォルクスワーゲン・ビートルです。デザインは、ポルシェの創業者でもあるポルシェ氏が担当しています。

非常によく売れた自動車で、第二次大戦後のドイツ経済復興の立役者となったクルマでした。

1959年 BMC製ミニ

1959年製 BMC・ミニ
1959年製 BMC・ミニ

現在はBMW傘下のブランドとなっているミニですが、最初のミニは、BMC、ブリティッシュ・モーター・カンパニーというイギリスの自動車会社の製のクルマでした。

この1959年製のミニは、大衆車のお手本となったクルマで、小型車でありながら、室内空間を当時の技術で最大化し、大人4名の乗車を可能にしました。

また、小さなエンジンでありながら、動力を生み出す効率性が非常に高かったため、非常に人気のクルマとなりました。

1965 フォード・マスタング

1965年 フォード・マスタング
1965年 フォード・マスタング

フォード・マスタングは、消費者はデザインを重視しているということを証明したクルマと言われています。

発売当初から、有名人から一般大衆まで、そのデザインで人気となり、発売当初からモデルチェンジを数回経ていますが、現在もマスタングはアメリカで人気の車種となっています。

1966年製 トヨタ・カローラ

1966年製 トヨタ・カローラ
1966年製 トヨタ・カローラ

日本の自動車メーカーのクルマで、アメリカで最初に人気車となったのがトヨタカローラです。

アメリカ車の5/8サイズのコンパクトカーとして売り出され、当時の石油ショックもあって、燃費のよいクルマとして非常に人気となりました。

現在に至るまで、トヨタでもっとも売れている車種のひとつです。

1999年 レクサスRX300

レクサスRX300
レクサスRX300

今日でも人気のボディタイプとなっているクロスオーバーSUVの元祖的な存在となったのが、1999年に登場したレクサスRX300です。

モデルとしたのはフォードのエクスプローラーで、そのプラットフォームを参考にしています。また軽量化に成功しており、4WD車でした。

乗り心地の良いSUVということで非常に人気となり、その後もレクサスのRXシリーズはアメリカで人気車種となっています。

2004年 トヨタ・プリウス

トヨタ・プリウス
トヨタ・プリウス

2代目プリウスは、アメリカ社会を変えたクルマでした。

このころ、ガソリン価格は高止まりしており、圧倒的な燃費性能を誇るハイブリッドカーは、アメリカ国民からも広く支持されたのです。

また、社会問題となっている排気ガス問題も解決するクルマとして人気となりました。

プリウスのハイブリッドシステムは、その後他のトヨタやレクサスのクルマにも導入され、他の自動車メーカーも続くことになります。

2012年 テスラモーターズ モデルS

テスラモーターズ モデルS
テスラモーターズ モデルS

排気ガスの排出量が少なく、燃費性能もいいハイブリッドカーが人気となりましたが、それよりも燃費と環境性能を追求したのが電気自動車です。

テスラのモデルSは、電気自動車でも難しいとされてきた長距離走行ができ、かつ高級車としても支持が得られることを証明しました。アメリカでもっとも売れるラグジュアリーカーのひとつとなったのです。

2016年 自動運転車

自動運転車
自動運転車

今年は自動運転車が自動車業界では大きな話題となりました。

日本ではプロパイロットを搭載した新型セレナが発売されましたが、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本の有力自動車メーカーは自動運転車の開発競争を激化させています。

こうしてみると、初めて自動車が人類の歴史に登場してわずか130年で自動で運転するクルマが登場しようとしているのですから、つくづく、技術の進歩のスピードに驚かされます。

関連記事