toggle
2016-08-29

トヨタのハイブリッドカー、アクアとプリウスを徹底比較!

アクアはハイブリッド車のコンパクトカーです。ハイブリッドカーといえば代名詞的存在となっているトヨタプリウスの小型車バージョンという位置づけになっています。

日本ではアクアという名前ですが、海外市場ではプリウスCという名称で販売されています。

小型車の人気が高い日本市場で、ハイブリッドかつ小型車という、アクアは車種別販売ランキングで近年1、2位を争う人気車種となっています。

ハイブリッドカーで中型車がほしいという方はプリウスを選ぶでしょうし、小型車ならアクアということになると思いますが、気になるのは両車種の機能や走行性、燃費性能の違いです。

この記事ではアクアとプリウスについて比較してみましたのでご紹介します。

アクアとプリウスの燃費性能、走行性能の比較

トヨタハイブリッドシステム
トヨタハイブリッドシステム

プリウスの燃費性能は、40.8km/l(JCO8モード)と世界最高クラスの燃費性能ですが、プリウスのコンパクトカーバージョンであるアクアも優れた燃費性能で37km/lとなっています。

アクアのハイブリッドシステムは、1.5リッターエンジンと1LMモーターで構成されており、最高出力は73kw、最大トルクは111Nmです。プリウスでは、それぞれ72Kw,142Nmとなっています。

ドライビングモードについては、アクアはエコドライブとEVドライブモードの2つですが、プリウスはそれらに加えてパワードライブモードも選択できます。プリウスのほうが、走行性については多様な走りが楽しめると言えます。

アクアとプリウスのエクステリア、インテリア比較

アクアとプリウス
アクアとプリウス

アクアはプリウスファミリーということもあり、エクステリアはよく似ています。これは両車種とも燃費性能を高めるために、空気抵抗を減らすデザインとなっているからです。

プリウスは9色からボディカラーを選べる一方で、アクアは14色から選べますので、カラーバリエーションの豊富さという意味ではアクアのほうがすぐれていると言えます。

14色から選べる外観
14色から選べる外観

アクアはコンパクトカー、プリウスは中型セダンですので、当然、室内空間はプリウスのほうが広く、比較は難しいですが、室内装備については比べることができます。

まず、シートについて、アクアのシートは合成皮革でシートの色は黒しか選択できませんが、プリウスのシートは本革で、色は黒かシルバーから選べます。

シート
シート

荷室もまたプリウスのほうが大きいですが、アクアでは、バッテリーの配置をリヤシート下に配置したことで、コンパクトカーとしては最大クラスのラゲッジスペースとなっています。アクアの荷室は長さ722mm,幅946mmとなっています。

室内装備については、スマートキー、イモビライザー、スーパーUVガラス、そしてオートエアコンといった快適性を高める装備はアクア、プリウスとも実装されておりますが、アクアにはないプリウスに実装されている装備として、100Vのアクセサリーコンセントやおくだけで充電できる充電器があります。

アクアとプリウスの安全性能比較

エアバッグ
エアバッグ

アクアにはトヨタが蓄積してきた技術をもとに開発された衝突回避支援パッケージ”TOYOTA SEFETY SENSE C”が搭載されています。

これは、レーザーレーダーと単眼カメラという2種類のセンサーで先行車や歩行車を検知し、衝突可能性がある場合には、自動的にブレーキやエンジンを制御し、衝突を回避する仕組みです。そして、これは3つの機能のパッケージとなっています。

”TOYOTA SEFETY SENSE C”は、衝突回避や衝突時の被害を軽減するプリクラッシュセーフティシステム、車線逸脱による事故を未然に防ぐレーンディパーチャーアラート、そして夜間の歩行者を早期に発見するオートマチックハイビームがあります。

一方、プリウスには、”TOYOTA SEFETY SENSE P”という衝突回避支援パッケージが搭載されています。これはアクアの”SENSE C”の3つの機能に、「レーダークルーズコントロール」が加わったものです。

レーダークルーズコントロールは、先行車に追従走行するときに車間距離を保つことを支援する機能で、先行車が停止すると自車も停止します。渋滞時で発進・停止を繰り返すような状況のときに、ドライバーの運転を支援する仕組みです。

安全装備については、機能が拡充されている分、プリウスのほうが充実していると言えるでしょう。

なお、アクア、プリウスともTOYOYA SAFETY SENSEの仕組みは運転席にあるスイッチでON・OFFが切り替えられます。また、両車種とも国交省の実施する安全性能評価でASV+という最高ランクの評価を得ています。

まとめ

アクアはプリウスのコンパクトカー版という位置づけですので、機能はプリウスよりも簡素化されています。

しかしながら、ハイブリッドカーの肝といえる燃費性能は見劣りしませんし、コンパクトカーとしても、充実した機能や装備で秀逸な一台です。

小型車で、かつ燃費にこだわるという方には必ず選択肢に入る一台です。

アクアの中古車 
関連記事

    関連記事はありません