toggle
2017-01-26

6ヶ月以内に完全自動運転が実現!?テスラのCEOイーロン・マスク氏がツイート

自動運転に関する驚きのニュースが届きました。2017年1月23日の夜、完全自動運転の開発で知られるテスラのSEOイーロン・マスク氏がTwitter上で、「完全自動運転はいつ頃から普及しますか?」という質問に対し、「3ヶ月以内かもしれない...6ヶ月後には実現するだろうと回答しましました。

このツイートが本当ならば、2017年中には、完全自動運転車が実現することとなります。

テスラのSEOイーロン・マスク氏
テスラのSEOイーロン・マスク氏

テスラはすでに2016年10月19日以降に生産された全車種に、完全自動運転が実現できるハードウェア「ハードウェアⅡ」を搭載しています。

「ハードウェアⅡ」は、半自動運転技術に搭載されているハードウェアより高性能です。従来の約2倍の距離を検知できる超音波センサー、8台のカメラ、レーダーから得られる情報を従来の40倍の性能を誇るNVIDIA製のコンピューターで処理します。

テスラが公開している完全自動運転のイメージ
テスラが公開している完全自動運転のイメージ
出典 : electrek.co

テスラの自動運転技術は、このハードウェアにソフトウェアを組み込むことによって動作します。ソフトウェアは車両を購入したあとも更新することができ、2016年10月19日以降に生産された車種すべてがアップデートにより完全自動運転車にすることができる見通しです。

現在、実用化されているテスラの自動運転技術で最新のものは、2017年1月22日にリリースされた「Enhanced Autopilot(エンハンスト オートパイロット)」。こちらは高速道路での合流や車線変更を自動で行うことができます。

テスラは、同社サイトにて、完全自動運転機能の販売を開始しており、”完全自動運転機能はEnhanced Autopilotをベースに構築されたものである。いままでは4台しか使用していなかったカメラが、8台すべて使用可能になり、一般的なドライバーが運転するよりも2倍安全性が高まる"としています。

テスラはこれまで2017年末までに、完全自動運転を実現するとの目標を掲げてきました。果たして本当に2017年に完全自動運転は実用化されるのでしょうか?しかし、少なくともイーロン・マスク氏は、6ヶ月後には実用化できると考えているようです。期待が高まりますね。

また、技術面だけでなく、今後の日本やアメリカの自動運転車に関する法整備はどうなるのでしょうか?目が離せませんね。

出典:https://electrek.co/2017/01/24/tesla-enhanced-autopilot-to-fully-self-driving-says-elon-musk/

関連記事