toggle
2016-07-13

高速道路での自動運転技術「プロパイロット」を搭載した新型セレナが2016年8月に発売

かねてからそろそろモデルチェンジか。と噂されてきた日産のコンパクトミニバン・セレナですが、自動車史上初の新技術を導入したモデルを2016年8月に発売する。という発表が、2016年7月13日、正式に日産自動車からありました。

目玉となる新技術は「プロパイロット」という名称で、高速道路での車線変更を除く自動運転をほぼ実現しました。

高速道路における渋滞時の走行や長時間の走行中に、アクセルやブレーキ、さらにステアリングの制御まで自動で行うことにより、運転者を支援し運転負荷を軽減するという仕組みです。

これまでも、自動車に搭載されたカメラやセンサー、そしてそれらを制御するシステムによる自動車の自動的制御機能は、予防安全機能を中心に、自動車メーカー各社が開発にしのぎを削り、実現してきました。

日産自動車公式サイトより
日産自動車公式サイトより

例えば、先行車や歩行者を、車載カメラやセンサーが検知し、衝突の可能性があると制御システムが判断すれば、自動的にエンジンやブレーキを制御して衝突を回避する機能や、車線から逸脱しそうになったらドライバーに警告をするというような機能です。

現在は、各自動車メーカーから、こうした自動的予防安全機能のついたクルマは数多く発売されています。

しかし、今回、日産が発表した「プロパイロット」は、次のポイントで画期的な機能となっています。

ひとつめのポイントは、先行車に合わせて自動的に追従走行、停止、そして「停止維持」をすることです。

これまでも、追従走行や停止するという機能までは実際に搭載されているクルマはありましたが、停止状態を維持するためには、運転手がブレーキを踏んでいなければなりませんでした。

しかし、「プロパイロット」は、停止の維持まで自動的に自動車がやってくれますので、運転手はアクセルとブレーキの操作をしなくてもよくなります。

渋滞中の道路の走行時、先行車の動きにあわせて、頻繁にブレーキを踏むという動作をし、これが原因で運転が想像以上につかれた。という思いをすることは自動車を運転する方なら誰でもしたことがあると思いますが、「プロパイロット」を搭載した新型セレナなら、このようなことから解放されます。

そしてもうひとつのポイントは、走行中の道路の両側に白線がある場合、ステアリングも制御し、道路中央での走行を維持する機能です。

これまでも、車線から逸脱しそうになると、警告ランプやブザーで運転手に注意を促すという機能はありましたが、ステアリング操作は運転者がしなければなりませんでした。
しかし、プロパイロットではステアリングの制御までしてくれるため、運転者の負荷を減らすだけではなく、車線逸脱の危険性を自動的に減らすことになり、事故の可能性をより減らす機能となっています。

これらの機能は、車載カメラ、そしてステアリング制御の性能を大きく向上させたことで実現しました。

日産自動車公式サイトより
日産自動車公式サイトより

今回発表された「プロパイロット」は、高速道路(単一車線)限定での自動運転技術ですが、日産自動車は2018年には高速道路での自動車線変更、そして2020年には一般道路での自動運転を実現するという計画をすでに発表しています。

日産だけでなく、他の自動車メーカーも含め、今後どのような技術が出てくるのか、非常に期待を感じさせる発表でした。

関連記事