toggle
2016-07-20

ダイハツのミラ三兄弟、ミラ、ミラココア、ミライースでどれにするか迷ったら

ミラはダイハツの看板車種の軽自動車で、軽自動車界の宿命のライバル、スズキの軽自動車と激しいシェア争いをしてきました。

ミラには派生車種としてミラココア、そしてミライースがありますが、ミラも含めて、スズキのアルトや派生車種のアルトラパンと常に比較されるクルマとなっています。

ダイハツのミラ3兄弟、ミラ、ミラココア、そしてミライースはそれぞれどのような車なのでしょうか。

ミラ、ミラココア、ミライースを一言でいうと

ミラ3兄弟については、次のようにあらわされるでしょう。

初代モデルが発売された1980年以来、ダイハツの看板車種となったハッチバックの軽自動車。新車の価格帯は、88万4572円から102万5486円です。

ミラココア
ミラココア

若い女性をターゲットにしたミラの派生車種。外観は丸みを帯びたかわいらしいデザインで、インテリアも女性にうれしい機能が満載。新車の価格帯は118万8000円から162万5400円です。

ミライース
ミライース

軽自動車としての基本的な走行性能は保ちつつ、圧倒的な低価格と燃費性能を追求したコストパフォーマンス重視の人向けのミラの派生車種。新車の価格帯は、76万6286円から135万4115円です。

ミラ3兄弟の走行性能や燃費性能

ミラのエンジンルーム
ミラのエンジンルーム

ミラのエンジンは、ダイハツが開発した低燃費で先進的なエンジンの“TOPAZ NEO”です。このエンジンは走行燃費が24.2km/l、最大出力は43kw、最大トルクは65Nmとなっています。
ミラココア、ミライースと比較してみます。

ミラココアの、燃費は29km/l、最大出力は38Kw、最大トルクは60Nmです。ミラに比べると、燃費はよくなっていますが、出力の面ではやや非力です。

ミラココアの走行性能の特徴として、走行中に自動的にエンジンを停止・再始動してくれるエコドライブ機能の「新エコアイドル」があります。そして運転席のマルチインフォメーションディスプレイには、走行中の平均燃費やアイドリングストップ時間が表示され、ドライバーのエコドライブを支援します。

ミライースは、最高出力が36Kw、最大トルクは57Nmですが、注目すべきは燃費性能で、35.2km/lという大変すぐれた燃費性能となっています。

これはダイハツが蓄積してきたエコ技術「イーステクノロジー」が実現させたもので、これはエンジン、CVTといった駆動部分だけでなく、ボディの構造まで改善が重ねられて実現したものです。

なお、この3種の中でもっとも最小行動半径が小さいのがミラで、4.2mとなっています。駐車のしやすさや小回りのきき具合重視の方は、ミラがいいということになるでしょう。

ミラ3兄弟。外観・インテリア・装備で選ぶと

ミラココア
ミラココア

ミラ、ミラココア、ミライースの3台の中で、外観が注目されるのは、ミラココアでしょう。ミラのボディカラーは5色から、ミライースは10色から選べますが、ミラココアはツートンカラーも含めると15色から選べます。

ミラとミライースが似たような外観なのに対し、ミラココアは箱型ボディの特徴的なボディとなっています。

室内空間については、ミラとミライースが広く使いやすい室内と90度開きドア、乗り降りしやすい車高といった、どちらかというと機能を売りにしているのに対し、ミラココアは、これらの機能はミラから受け継ぎつつ、インテリアのバリエーションが、ミラとミライースの2台に比べて豊富なことがポイントです。

ミラココアは運転席のパネル、そして、室内をアイボリー、ブラウン、ピンクベージュの3色から選ぶことができます。外観色は15色なので、15色×運転席パネルの3色×室内空間の3色という135通りの色の組み合わせが楽しめます。

室内装備がもっとも充実しているのもミラココアです。

ミラココアの運転席、ボイスコントロールのナビゲーション
ミラココアの運転席、ボイスコントロールのナビゲーション

ミラココアは、ミラやミライースのキーレスエントリーや、デジタルオーディオといった装備に加えて、音声やタッチパネルで操作できるボイスコントロールナビゲーションや駐車時に便利なバックカメラ(オプション)を備えています。

ミラ3兄弟の安全性能

ミラ、ミラココア、そしてミライースの発売時期ではミライースが最も最近発売されたということもあり、ミライースがこの3車種の中では安全装備が充実しています。

ミライースにはダイハツの安全機能に関する先進テクノロジー「スマートアシスト」が実装されています。これは、先行者との衝突の危険性が高まったときに衝突警報がなって運転者に注意を促すとともに、緊急ブレーキが自動的に作動して衝突をさけたり、衝突した場合の被害を軽減するものです。

それに加えて、ミライースには誤発進抑制制御機能や先行車発進抑制機能が備えられており、安全性が高められています。

ミラ、ミライース、ミラココアの3車種に共通に、衝突安全性能を高めたボディ“TAF”が採用されています。このボディは、万一衝突しても十分な生存空間を確保できることを目指した、頑丈かつ軽量なボディです。

まとめ

車を選ぶ観点にはいろいろありますが、ミラ、ミラココア、ミライースはいずれも燃費性能も高く、お値段もお手頃な軽自動車となっています。

この3車種で、走行性能や小回りの利きやすさが優れているのがミラ、低価格で燃費性能と安全性能が高いクルマがミライース、そして外観のバリエーションや室内装備が充実しているのがミラココアということになります。

購入の際には、何を重視するのかということをしっかりと決めたうえで、車選びに臨みたいものです。

ミラの中古車 > ミライースの中古車 
関連記事

    関連記事はありません