toggle
2016-07-25

ダメ、ゼッタイ。運転中のポケモンGO。アメリカでは夢中になったため木やパトカーにつっこんだ自動車事故も発生

任天堂のゲーム「ポケモンGO」。もうプレイしましたか?

ポケモンGOは、スマートフォンで楽しめるゲームで、実際に外に出て、街中に出没するポケットモンスター(ポケモン)をつかまえていくというゲームです。

現実の世界がそのままゲームの舞台となり、ポケモンを捕まえたり、捕まえたポケモン数に応じてレベルアップしたり、アイテムと交換できるといった初めての体験型のゲームであることで、発売開始から世界中で社会現象とも言えるほどの人気となっています。

実際にプレイしている様子は下の動画をご覧ください。

すでにプレイしたかたや、上の動画からもわかるように、ポケモンはスマートフォンの画面上に突然あらわれます。

外でプレイするということから、常にスマートフォンの画面を見て歩き回ることになりますが、夢中になるあまり、歩きスマホをする人が急増しており、事故の原因となりかねません。

またひどい場合になると、自転車やバイク、自動車に乗ったまま遊ぶ人がでてきています。

行政機関も注意を促していますが、日本での配信開始から3日程度経過して、すでにいくつかトラブルになっているというニュースも出てきております。

例えば、

・ポケモンGOをしながら自転車に乗っていたら転倒してけがをした。
・ポケモンGOをしながらクルマを運転していたのが見つかり、道路交通法違反で検挙された。
・ピカチュウを捕まえようと高速道路に侵入し、道路交通法違反に問われた。

そして、とうとう滋賀県大津市ではポケモンGOをプレイしながら運転していて玉突き事故を起こしたということまで2016年7月25日に起きてしまいました。

報道によると、大津市浜町の県道で乗用車3台が絡む玉突き事故があり、追突された男性が首に軽傷を負い、追突した同市の会社員男性は「運転しながらスマートフォンでポケモンGO(ゴー)をしていた」と話しており、滋賀県警大津署が自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで調べているとのことです。

会社員男性が乗用車で県道を走行中、前方で信号待ちのため停車していた車に追突し、さらにもう1台が巻き込まれました。会社員男性は「ポケモンを探すのに夢中になり、前の車が止まっているのに気付くのが遅れた」と説明しています。 

また、ポケモンGOは、日本より先にアメリカやヨーロッパで配信されていたのですが、これらの国々でも瞬く間に社会現象となるほどの人気となりました。

レアなポケモンが現れたといって、公園に集結するアメリカ人の様子。

そして、アクシデントもすでに多く報告されています。

例えば、

・ピカチュウを捕まえるために、原子力発電所に侵入した。
・珍しいポケモンを捕まえるために人の家に侵入し、その家の住人に発砲された。

交通事故関係でいうと、アメリカでは、ポケモンGOを運転していた男性が、パトカーに突っ込んだり、木に激突したりという交通事故が起きています。

いずれも運転手が、運転中にポケモンGOに夢中になっていて、前方不注意になっていた。とのことです。

Pokémon Go player crashes his car into a tree
http://www.usatoday.com/story/news/nation/2016/07/14/pokmon-go-player-crashes-his-car-into-tree/87074762/

Driver slams into Baltimore cop car while playing Pokemon Go
http://www.usatoday.com/story/news/nation-now/2016/07/20/driver-slams-into-baltimore-cop-car-while-playing-pokemon-go-accident/87333892/

こうした事態を受け、世界各国で、注意を促す動きも出始めています。

アメリカの高速道路の交通標識「運転中のポケモンGOは禁止」
アメリカの高速道路の交通標識「運転中のポケモンGOは禁止」

現在は配信されたばかりですので、各国の政府当局も注意を促すという程度にとどまっていますが、あまりにも交通事故などのトラブルが続出すると、市民からも規制をするような訴えが出てくるかもしれませんね。

ポケモンGOではありませんが、例えば、配車アプリのUberは、タクシーの事業免許を受けていない人が運転する車に乗るのは安全上の問題があるとされて、ヨーロッパやアジアの国の一部では規制が入って利用できなくなっています。

節度のないプレーヤーが増えて、事故が増えるようであれば、当局がポケモンGOの配信を禁じる。あるいは運営会社の任天堂が配信を自主規制するという可能性もないとは言えません。

こうした事態にならないように、節度を持って遊びましょう。特に、自動車や自転車、バイクといった乗り物を運転しながらポケモンGOで遊ぶのは絶対にやめましょう。

関連記事