2016年4月に、燃費データを不正な方法で測定していた問題が発覚し、その後も不正を繰り返していたことが明らかになった三菱自動車。 販売停止に追い込まれた車種が出たり、販売が不振になるといった厳しい状況...